eペイント・トップページ  > 塗装工事 > 遮熱塗装

【遮熱塗装(太陽熱高反射塗料の塗装)】地球温暖化に貢献する遮熱塗料

遮熱・断熱塗装で夏は涼しく、冬は暖かに、快適な住環境で地球温暖化に貢献してみてはいかがですか?

日本の気候は亜熱帯に属し、四季がある素晴らしい国ですが気温は冬は零下で夏は30度を超え、建物にとっては厳しい自然環境と言われています。 また、家庭にとっても冬季の暖房費や夏季の冷房費は響くと同時に、温暖化ガスであるCO2の排出を増加させています。
遮熱塗料を屋根に塗ることで夏場の室内温度上昇を抑え冷房費を低減できます。 また、冬場は夏場に比べ平均日射量が約1/3になり室内温度にはほとんど影響せず暖房費を高くすることはありません。
主な用途は、新生瓦などの窯業系屋根材やトタンなどの金属系屋根材です。 遮熱塗料は比較的新しい塗材で日々新たな機能を追加したものが市場に出てきています。 ほとんどの商品が低汚染、耐候性、防カビ、防藻性などの付加機能を兼ね備えています。(遮熱塗料を太陽熱高反射塗料ともいう)

『遮熱塗料』の仕組み

『遮熱塗料』の仕組み

太陽光は周波数の低いほうから紫外線→可視光線→赤外線に分類されます。 温度上昇させるのは赤外線で波長帯域は700~2100nmです。 この波長域の赤外線を塗料に混ぜた遮熱顔料(特殊顔料)で大気中に反射させることにより屋根などの被塗物の表面温度の上昇を抑えることができます。
さらに、遮熱効果に断熱効果をプラスするために遮熱顔料にセラミック製の微小中空ビーズ(マイクロバルーン、セラミックビーズ等)を混ぜた商品も開発されています。

『遮熱塗料』の仕組み

『遮熱塗料』の仕組み

【課題】

  • 屋根など屋外で使用されるため、遮熱塗料の塗膜の汚れやj塗料樹脂の劣化により熱反射効率が落ち機能低下を起こす。
  • 効果を考えたら自由に色を決められない。 熱反射率は淡彩色が高く、濃彩色は低い。 遮熱塗料の濃彩色の表面温度は一般屋根塗料の淡彩色のものと大差ない場合もあります。

『遮熱塗装』はeペイント塗装業者へ

カラーベスト屋根の遮熱塗装

住宅塗替え時に、あなたの家をエコ住宅に変身させてみてはいかがですか?
現在お持ちの住宅を、塗装以外の手法でエコ住宅へ変えようとすれば、エコ建材への交換や建物構造まで手を入れる、大掛かりなリフォームになってしまいます。 また、そのとき発生する廃材が新たな環境問題を起こしていることにもなります。

トタン屋根の遮熱塗装

今後の地球温暖化を考えると、我々、現役世代が、今できる温暖化防止対策を始めておくことは、地球上に生息するすべての生き物に対する義務ではないでしょうか!
遮熱や断熱塗料による屋根塗装はeペイント業者であれば塗料代が少し高いだけで、塗装労務費(工賃)は一般屋根塗装と変わりません。 ぜひ、この機会に遮熱・断熱塗装をして地球温暖化に貢献してみてはいかがですか?
塗装によるエコ対策は費用対効果で優れています。

参考資料:西日本と南西諸島の熱帯夜日数の経年変化(単位:日)

気象庁の気象情報統計(真夏日と熱帯夜)より

気象庁の気象情報統計(真夏日と熱帯夜)より

塗装業者検索 eペイントは塗装のなぜ?にお応えします。 サイトマップ サイト・トップページ