eペイント・トップページ  > 補修工事 > モルタル・欠損

【モルタル・欠損】外壁モルタルの欠損

モルタル外壁の欠損は、外壁が欠けている状態でひび割れよりももっと深刻な状況です。いずれにせよ放置しておけば建物の外観を損ねるのはもちろん、その建物の寿命に影響を与えますので早めに補修をしましょう。

外壁の構造

【木造モルタルの場合】

モルタルの外壁の構造

【RCの場合】

RC住宅の外壁の構造

欠損の原因

欠損の原因は違いにより3種類あります。
衝撃による欠損,腐食による剥離は目視で見つけることが出来ますが、爆裂による欠損は建物診断時に打診用
ハンマーで叩いて見つかる場合が多いようです。いずれも工事が必要です。

  1. 衝撃による欠損:外部からの衝撃による欠損
  2. 腐食による剥離:鉄製のラス網の腐食による剥離(木造/鉄骨モルタル住宅)
  3. 爆裂による欠損:内部鉄筋の腐食膨張による欠損=爆裂欠損(RC住宅)

補修作業工程と内容

補修方法は建物の構造で作業工程が異なります。

木造モルタル住宅の場合:腐食による剥離

作業工程作業内容
①腐食・破損箇所を取除く損傷の及んでいる箇所をすべて撤去します。
②清掃損傷箇所を清掃します。
③-1型枠作成成型が必要な場合は、モルタルが垂れないように型枠を作ります。
③-2モルタル埋め樹脂モルタルで平らに埋めていきます。
④表面仕上げ埋めたモルタルが乾いた後、ディスクサンダー等で表面を滑らかに仕上げていきます。
⑤外壁塗装仕上げ既存外壁に模様がある場合はローラー等で同じように模様をつけていきます。
⇒外壁欠損部分の痕跡はほとんど分からなくなります。

下地材の腐食が激しい場合・・・

モルタル壁などの下地材(木材)など躯体部分の損傷が激しい場合は、その補修を行うことがあります。
躯体の大工仕事、防水紙、ラス金網等の工事費が別途かかります。

外壁の鉄筋爆裂による欠損「修復後」

作業工程作業内容
①腐食・破損箇所を取除く損傷の及んでいるモルタル、建物の構造部材をすべて撤去します。
②躯体の修復撤去した建物の構造部材を大工仕事で元通りにし、モルタル用に防水紙とラス金網を取り付けます
木造モルタル住宅の場合:腐食による剥離」の③以降と同じ処理

RC(鉄筋コンクリート)住宅の場合:爆裂による欠損

外壁の鉄筋爆裂による欠損

作業工程作業内容
①ハンマーによる斫り腐食している鉄筋部分をすべて露出させます。
②ケレン作業鉄筋の腐食部分をきれいに除去します。
③錆止め塗布最近は、エポキシさび止めが多いようです。
④プライマー塗布樹脂モルタルの密着をより確かなものにします。
⑤樹脂モルタル充填既存外壁に模様がある場合はローラー等で同じように模様をつけていきます。
⇒外壁欠損部分の痕跡はほとんど分からなくなります。
補修完了補修完了後に外壁塗装やタイル貼り工事が続きます。
塗装業者検索 eペイントは塗装のなぜ?にお応えします。 サイトマップ サイト・トップページ