デモ店で見積もる デモ店でカラーシミュレーション 塗装店ダイレクト-eペイントのご紹介(業者様向け) 塗装店ダイレクト-eペイントのご紹介(業者様向け)
塗装業者へのお問合せは、事前に見積もって塗装グレードと予算を決めてから!
eペイントは経済産業省「中小企業経営革新支援法」の承認を受けた経営革新事業です。

eペイント・トップページ  > 補修工事 > モルタル・欠損

【モルタル・欠損】外壁モルタルの欠損

モルタル外壁の欠損は、外壁が欠けている状態でひび割れよりももっと深刻な状況です。いずれにせよ放置しておけば建物の外観を損ねるのはもちろん、その建物の寿命に影響を与えますので早めに補修をしましょう。

外壁の構造

【木造モルタルの場合】

モルタルの外壁の構造

【RCの場合】

RC住宅の外壁の構造

欠損の原因

欠損の原因は違いにより3種類あります。
衝撃による欠損,腐食による剥離は目視で見つけることが出来ますが、爆裂による欠損は建物診断時に打診用
ハンマーで叩いて見つかる場合が多いようです。いずれも工事が必要です。

  1. 衝撃による欠損:外部からの衝撃による欠損
  2. 腐食による剥離:鉄製のラス網の腐食による剥離(木造/鉄骨モルタル住宅)
  3. 爆裂による欠損:内部鉄筋の腐食膨張による欠損=爆裂欠損(RC住宅)

補修作業工程と内容

補修方法は建物の構造で作業工程が異なります。

木造モルタル住宅の場合:腐食による剥離

作業工程作業内容
①腐食・破損箇所を取除く損傷の及んでいる箇所をすべて撤去します。
②清掃損傷箇所を清掃します。
③-1型枠作成成型が必要な場合は、モルタルが垂れないように型枠を作ります。
③-2モルタル埋め樹脂モルタルで平らに埋めていきます。
④表面仕上げ埋めたモルタルが乾いた後、ディスクサンダー等で表面を滑らかに仕上げていきます。
⑤外壁塗装仕上げ既存外壁に模様がある場合はローラー等で同じように模様をつけていきます。
⇒外壁欠損部分の痕跡はほとんど分からなくなります。

下地材の腐食が激しい場合・・・

モルタル壁などの下地材(木材)など躯体部分の損傷が激しい場合は、その補修を行うことがあります。
躯体の大工仕事、防水紙、ラス金網等の工事費が別途かかります。

外壁の鉄筋爆裂による欠損「修復後」

作業工程作業内容
①腐食・破損箇所を取除く損傷の及んでいるモルタル、建物の構造部材をすべて撤去します。
②躯体の修復撤去した建物の構造部材を大工仕事で元通りにし、モルタル用に防水紙とラス金網を取り付けます
木造モルタル住宅の場合:腐食による剥離」の③以降と同じ処理

RC(鉄筋コンクリート)住宅の場合:爆裂による欠損

外壁の鉄筋爆裂による欠損

作業工程作業内容
①ハンマーによる斫り腐食している鉄筋部分をすべて露出させます。
②ケレン作業鉄筋の腐食部分をきれいに除去します。
③錆止め塗布最近は、エポキシさび止めが多いようです。
④プライマー塗布樹脂モルタルの密着をより確かなものにします。
⑤樹脂モルタル充填既存外壁に模様がある場合はローラー等で同じように模様をつけていきます。
⇒外壁欠損部分の痕跡はほとんど分からなくなります。
補修完了補修完了後に外壁塗装やタイル貼り工事が続きます。

塗装業者とダイレクト契約を目指すサイトのご紹介

  • 安ければ:手抜き工事や安価な塗料
  • 高ければ:ぼったくり

外壁や屋根塗装は見積書が重要です。 もともと住宅塗替え工事に対しては、料金が不明瞭という世間のイメージが根強かった。人生でそう何度も発注するものではないし、塗装仕様一つとってもその質と価格の相場観は素人には分かりづらいもの。いわば「ブラックボックス」とあきらめていいませんか?
ご自分で塗替え費用を見積もり、最適な塗装仕様を決めて地元の塗装業者へダイレクト発注してみませんか!

相場や相見積もりは不要、外壁塗装見積シミュレーションで明朗な見積書-塗装店ダイレクトのeペイントサイトへ
塗装業者に代わって床面積と階層だけで外壁と屋根の塗装費用が見積もれる。機能、寿命、費用を参考に最適な塗装仕様を100種の中から選べる。住宅塗装の塗り替えは地元業者が安心安全。写真で外壁と屋根の無料カラーシミュレーション!