外壁塗装費の相場や単価は不要!原価見積りで塗料代,工賃を知って直取引 外壁塗装カラーシミュレーション 無料 塗装店ダイレクト-eペイントのご紹介(業者様向け)
ITで変わる外壁塗装の見積もり、不明朗な塗装単価見積から消費者も見積れる原価見積へ!
eペイントは経済産業省「中小企業経営革新支援法」の承認を受けた経営革新事業です。

トップページ  > 塗装見積&カラー > 欧米と日本の見積書

外壁塗装の見積書-日本と欧米の違い(見積りの仕方、見積書の書き方)など

IT社会は、情報開示が当たり前!見積の基本は原価積算、労務費、材料費、管理費などの原価要素をオープン!

塗装業に拘わらず、見積書の作成に当たっては、先ず発生するであろう原価要素を拾い出し、それぞれの費用を計算し、全ての原価要素の合計に会社利益を加算して見積金額を求めるのが一般的です。
説明責任が問われる欧米先進国では材料費、労務費、管理費、利益等の費用を別々に計上した『予算原価方式』が、日本の塗装業界では原価プラス利益の総額を施工面積で割った『㎡単価方式=複合単価方式』の見積もり書式が主流です。
どちらも一長一短あり、消費者の『知る権利』と言う点では、予算原価を明らかにした予算原価方式が優れているが、消費者が予算内でどこまで工事ができるかと言う点では、予算に合わせて見積項目や数量の増減ができる㎡単価方式の書式が優れています。

 日本では、外壁塗装工事の見積書のほとんどが㎡単価方式です。 この書式の見積書では工事価格が適正かどうか消費者には判断できません。  したがって、現状では外壁塗装価格が適正であるかどうかを判断するのに、『面倒なあい見積り』や『よく分らない相場』を調べるのが一般的です。
eペイントは、無料の塗装工事見積アプリによる匿名オンラインで『予算原価方式』と『㎡単価方式』の見積書を同時に提供し、ご自分で外壁や屋根の塗り替え塗装価格を決定できるようにしました。

 eペイントは、今までのような業者主導の塗装価格ではなく、お客様自身がネット上で塗装工事の費用を見積もって見積資料をオンラインで取り寄せます。 取り寄せた資料をもとに塗装価格を検討し、塗装業者との契約交渉に臨みます。 取り寄せた見積資料には、①原価要素(材料費、労務費、管理費、利益等)を別々に計上した『予算原価方式』と、②原価要素をひとまとめにして単位数量あたりの塗装単価にした『㎡単価方式』の2種類 の見積書、使用材料一覧(材料名、価格、必要量・・・)、塗装施工仕様書の見積り3点セットが含まれます。

 『予算原価方式』と『㎡単価方式』の見積書の効果的な使い方は、外壁塗装価格の妥当性の判断では『予算原価方式』を参考に、予算に合わせて施工箇所の増減をする時には『㎡単価方式』の見積書を参考にします。

【INDEX】


①予算原価方式の外壁塗装見積書例(eペイント)

外壁塗装の材料費、労務費、管理費、利益等の原価要素を別々に計上する方法:

「原価方式」の見積書例:使用材料一覧と組み合わせて塗装価格の妥当性を判断するのに有効です。

②塗装単価方式の外壁塗装見積書例(eペイント)

外壁塗装の原価要素(材料費、労務費、管理費、利益等の費用)をひとまとめにし、単位数量あたりの塗装工事単価として用いる方法:

「複合単価方式」の見積書例、予算内に合わせて工事内容を増減するのに便利な見積書です。

③米国の住宅塗装・外壁塗装見積書例

アメリカで住宅の外壁塗装を業者へ依頼すると、日本のように金額を記した見積書だけが提出されるのではなく、塗装工事提案書(Painting Proposal Document)が届きます。 この提案書の内容は日本の契約書に相当します。
提案書には、塗装工事明細書(Detailed Project Specifications)、工事対象外項目(Item specifically excluded、保証期間(Warranty Period)、塗装作業前に必要な作業(Preparation)、色決めについて(Color)、追加工事について(Change Orders)、費用(Cost)、支払い条件(Payment Schedule)、承認(Acceptance)などが含まれています。

塗装工事明細書

(Detailed Painting Project Specifications)塗装工事明細書

工事に含まれない項目と保証期間

(Items Specifically excludes)工事に含まれない項目と保証期間

塗装作業前に必要な作業と色決めについて

(Preparation before Painting)塗装作業前に必要な作業と色決めについて

追加工事と見積金額

(Change Orders)追加工& Cost事と見積金額

支払い条件と承認

(Payment Schedule)支払い条件と承認

お客様へ!外壁塗装費を『見える化』しました

  • 安ければ ☞手抜き工事
  • 高ければ ☞ぼったくり
  • 適正価格 ☞何が適正かわかりません
  • 塗装業者のほとんどの見積書は塗装単価/㎡で書かれていて消費者が適正かどうか判断できません。
  • eペイントの見積もりは実際にかかる材料費と歩掛に基づく労務費をIT技術で『見える化』しました。

【特徴】

  • 事前に塗装費用を把握 ➤ 外壁塗装の費用をネットで見積もって事前に費用を把握できます。
  • 見積の見える化 ➤ 相場や相見積などの曖昧な塗装単価見積と異なり、原価積算見積(材料価格と使用量、労務費、管理費)です。
  • 見積結果は100種 ➤ 外壁10種、屋根10種の見積結果(100種)の中からお客様に最適な塗装仕様を選ぶことができます。
  • 請負契約は二通り ➤ eペイント業者と直取引、またはお客様の見積条件を承諾した業者紹介
  • 色決めは ➤ 自宅の写真で、何時でも何処でもネット(スマホ,PC,タブレット)でカラーシミュレーション

【eペイント・リンク情報】

塗装業者様へ!現地調査で契約

保険会社の営業ツール(SFA)と同じように、その場(現地調査)でお客様の要望に迅速に応えることができます。

【メリット】

  1. 何回も打合わせをしなくて済む
  2. 塗装の専門知識がない人でも簡単に100種の見積を作成
  3. 塗装面積計算アプリと塗装見積アプリが連動して現場で見積作成、事務所での作成が不要
  4. 成約率アップに!顧客を納得させる資料(材料明細、塗装仕様書)を見積もりと同時作成
  5. 同業他社に時間的な隙を与えない
  6. PC,タブレット,スマホでその場で見積もりが可能(印刷はコンビニで)
  7. WEBアプリだからインストール不要で常に最新バージョンが利用できます
  8. 大幅な業務効率の改善

外壁塗装・現地調査&営業支援アプリ(SFA = Sales Force Automation)の体験ができます ➤コチラ

Tweet

↑ PAGE TOP