eペイント・トップページ  > 塗装工事の見積 > 欧米と日本の見積書

【欧米と日本の違い】外壁・屋根塗装の価格とは?塗装価格や単価に対する日本と欧米との違い

IT社会は、情報開示が当たり前!見積書(欧米と日本の違い)

 欧米先進国では材料費、労務費、管理費、利益等の費用を別々に計上した『予算原価方式』が、日本ではそれぞれの原価要素をひとまとめにした『複合単価方式』の見積もり書式が主流です。 どちらも一長一短あり、消費者の『知る権利』と言う点では、予算原価を明らかにした予算原価方式が優れているが、消費者が予算内でどこまで工事ができるかと言う点では、予算に合わせて見積項目や数量の増減ができる複合単価方式の書式が優れています。

 日本では、塗装工事の見積書のほとんどが複合単価方式です。 この書式の見積書では工事価格が適正かどうか消費者には判断できません。  したがって、現状では外壁塗装価格が適正であるかどうかを判断するのに、『面倒なあい見積り』や『よく分らない相場』を調べるのが一般的です。
eペイントは、匿名オンラインで『予算原価方式』と『複合単価方式』の見積書を同時に提供し、ご自分で外壁や屋根の塗り替え塗装価格を決定できるようにしました。

 eペイントは、今までのような業者主導の塗装価格ではなく、お客様自身がネット上で塗装工事の費用を見積もって見積資料をオンラインで取り寄せます。 取り寄せた資料をもとに塗装価格を検討し、塗装業者との契約交渉に臨みます。 取り寄せた見積資料には、①原価要素(材料費、労務費、管理費、利益等)を別々に計上した『予算原価方式』と、②原価要素をひとまとめにして単位数量あたりの塗装単価にした『複合単価方式』の2種類 の見積書、使用材料一覧(材料名、価格、必要量・・・)、塗装施工仕様書の見積り3点セットが含まれます。

 『予算原価方式』と『複合単価方式』の見積書の効果的な使い方は、塗装価格の妥当性の判断では『予算原価方式』を参考に、予算に合わせて施工箇所の増減をする時には『複合単価方式』の見積書を参考にします。

①予算原価方式の外壁塗装見積書例(eペイント)

材料費、労務費、管理費、利益等の原価要素を別々に計上する方法:

「原価方式」の見積書例:使用材料一覧と組み合わせて塗装価格の妥当性を判断するのに有効です。

②複合単価方式の見積書例(eペイント)

それぞれの原価要素(材料費、労務費、管理費、利益等の費用)をひとまとめにし、単位数量あたりの塗装工事単価として用いる方法:

「複合単価方式」の見積書例、予算内に合わせて工事内容を増減するのに便利な見積書です。

③米国の住宅塗装・外壁塗装見積書例

アメリカで住宅の外壁塗装を業者へ依頼すると、日本のように金額を記した見積書だけが提出されるのではなく、塗装工事提案書(Painting Proposal Document)が届きます。 この提案書の内容は日本の契約書に相当します。
提案書には、塗装工事明細書(Detailed Project Specifications)、工事対象外項目(Item specifically excluded、保証期間(Warranty Period)、塗装作業前に必要な作業(Preparation)、色決めについて(Color)、追加工事について(Change Orders)、費用(Cost)、支払い条件(Payment Schedule)、承認(Acceptance)などが含まれています。

塗装工事明細書

塗装工事明細書

工事に含まれない項目と保証期間

工事に含まれない項目と保証期間

塗装作業前に必要な作業と色決めについて

塗装作業前に必要な作業と色決めについて

追加工事と見積金額

追加工事と見積金額

支払い条件と承認

支払い条件と承認

塗装業者検索 eペイントは塗装のなぜ?にお応えします。 サイトマップ サイト・トップページ