"住宅塗り替え"にお応えします。  > 防水・補修工事 > ベランダ防水

ベランダ防水(FRP防水)

最近の木造住宅ベランダ防水はFRP(Fiber Reinforced Plasticの略称)防水が主流ですが、その歴史は浅く1988年にFRP防水材工業会が設立され、その後本格的に普及しました。

そもそも、FRPの技術自体は1970代からその水密性の高さからレジャーボートに使われ、現在ではボートの95%以上がFRPで建造されています。1980年代後半以前のベランダ防水はさまざまな工法で施工され、改修工事で建築当時の状態に戻すのは難しい状況です。 FRPは複合材料の一つで、ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませ、強化した材料で、非常に強靭性と弾力性に優れています。
改修工事ではFRP防水であろうが他の防水仕様であろうが、水密性が確保できていれば現在は紫外線や磨耗に強いウレタン・トップコート(最終仕上げ材)をコテでコーティングするだけで十分です。

作業工程と内容

改修工事と新築工事では作業内容が異なります。
ベランダFRP防水の改修工事の作業は次のように行います。

改修工事の場合(FRP防水以外もOK)

作業工程作業内容
①下地調整(1)設置物移動(エアコン室外機等・・)
(2)高圧洗浄
(3)付着物撤去
②プライマー塗布既存防水トップコートと新規トップコートを密着させるために接着剤のような機能を持った樹脂を塗布します。
③トップコート塗り紫外線や磨耗に強い樹脂を仕上げ材としてコテで塗ります。
④設置物を戻すトップコートの乾燥を確かめて設置物を戻す

新設工事の場合(FRP防水仕様)

作業工程作業内容
①既設防水層を撤去 
②下地調整(1)表面処理
(2)角処理
(3)目地処理
(4)クラック処理
(5)不陸調整(段差を無くしな滑らかな面にすること)
③プライマー塗布防水層を密着させるための接着剤のようなはたらきをします。
④下塗りポリエステル樹脂を塗布します。
⑤FRPライニングガラス繊維にコテやローラーでポリエステル樹脂を含浸させ防水面を作ります。強度や弾力性をさらに高めるため、この作業を2回行うこともあります。
⑥成型処理FRPのバリなど、余分な部分をサンダーで削り落とします。
⑦トップコート塗り紫外線や磨耗に強い樹脂を仕上げ材としてコテで塗ります。
塗装業者検索 eペイントは塗装のなぜ?にお応えします。 サイトマップ サイト・トップページ
eペイント広告
相見積、キャンペン価格、パック価格より安いかも!
ご自分で見積もって、塗装業者へ!
塗装業を探す