eペイント・トップページ  > 塗装工事の見積 > IT社会の塗装見積

【IT社会の塗装見積】あい見積や相場が最善でない!! 住宅塗替え工事の実情

外壁・屋根の塗装費用の原価を消費者が把握

IT社会は、消費者が主役!

 インターネット社会が成熟するに従って、価格の決定権がサービス提供側から消費者側へ移りつつあります。 インターネットの仮想世界では消費者が物理的な空間を移動する必要が無く、ある商品を購入しようとすれば、その商品を扱っている世界中の店の価格比較表を作り、一番安い店で購入することもできます。 やがて、一番安い価格が消費者に支持され、より高い価格は時間とともに消滅していきます。 つまり、消費者が価格を決めた形になります。 商品が型番や商品名で特定できるものは消費者にとって大変メリットがありますが、この仕組みを塗装やリフォームのような現場施工の工事で実践するには、業者の能力や人間性(安心・安全)が重要なサービス商品では危険な行為です。

 eペイントのクラウド見積システムを利用すれば、住宅やビルの外壁、屋根の塗り替え、外壁補修、防水工事などの費用の明細を業者に頼らず匿名オンラインで知ることができます。 この明細資料を用いて、ご自分で塗り替え費用を決めて塗装業者と交渉することもできます。 また、複数の塗装業者の見積書(あい見積)の中から最適な見積書を選ぶ判断基準としても有益です。
家の塗り替え費用やビルの改修工事費は高額なものです。 eペイントは、お客様にとって知りたいことをオンラインで提供し、後悔のない塗装工事のお手伝いをします。

【INDEX】


ご自分で見積もれるインターネット・オンライン見積もり

外壁と屋根の理論的な塗り替え費用とは・・見積金額は?

インターネットを利用している皆さんは既に商品購入やホテル予約等で価格のメリットを享受されていることと思います。 家電品や車のような完成品を扱うのであれば消費者にとってすばらしいしくみだと思いますが、塗装工事のような現場施工の未完成品をこのしくみで運用すれば、確かに工事費は安くなりますが同時に工事品質は低下し、手抜き工事(下地処理をしない、下塗を省く、材料を過度に薄めて使用、決められた乾燥時間をとらない・・・これらは手抜きの一部ですが、数年後に塗膜の剥がれを起こします・)等のクレームが大量に発生することが予想されます。 この問題を解決するために、eペイントは今までのビジネスモデルにない五つの仕組みを組み込みました。

一番目:外壁塗装・屋根塗装のオンライン見積もりをお客様へ開放!

見積もる行為そのものを業者ではなく、お客様がネット上で簡単に、しかも、精度の高い見積もりを行えます。
標準見積は延べ床面積または周囲長を入力するだけで標準的な施工数量と塗装ヶ所で見積を、詳細見積やRC建物の見積は塗装箇所(部位)ごとに施工数量を入力することでより正確な見積を可能としました。 見積結果画面には外壁と屋根についてそれぞれ最大10種類の塗装仕様の特徴と金額が表示されます。お客様は外壁と屋根の塗装仕様の組合せ(最大100種類)の中からご自分に最適な塗装仕様と金額を知ることができます。このシステムではご自分で見積もっても、業者に見積もってもらっても同じ見積条件であれば同じ金額になります。 塗装専門業者向け工事原価積算システムをクラウド技術でお客様に開放しました。
(手間のかかる相見積もり、相場を調べても分らない家の塗替え工事費をクラウド理論原価見積システムで提供!)

二番目:塗装工事費用の見積根拠をオープン(工程,材料明細,工数,日当,仕様を明らかに)

「見積もる」ということは予算原価を決める作業であることから、見積金額の算出は予算原価(通常の単価見積ではなく、材料がいくら、労務費がいくら、管理費がいくら)の積算を基本にし、施工・工程と使用材の関係を明らかにしました。(原価見積書,使用材料一覧,塗装施工仕様書を提供!)

三番目:地元の塗装店へダイレクト発注

0120の電話番号(所在地隠し)は不要です。インターネットのビジネスモデルのほとんどがコミッションを取るビジネスモデルです。 従って、お客様が施工業者へダイレクトに連絡を取ることが許されていません。0120や代表受付の電話番号はそのために設けられています。eペイントは地元の塗装業者と直接交渉する仕組みです。
また、施工で忙しい塗装職人や営業が苦手な塗装業者に代わって、塗料の仕入れ先である塗料販売店(塗料ディーラー)が営業を代行する場合があります。

四番目:インターネットで住宅のカラーシミュレーション

eペイント業者とご契約すると、ご自宅の写真で外壁、屋根、その他塗装箇所のクラウド技術を用いたカラーシミュレーションをインターネットでご利用できます。
色見本には塗料メーカー標準色、日本塗料工業会色見本、グローバルカラー(世界標準色見本)などが利用でき、ご自宅の色の組み合わせは何万通りにもなります。
今までのような印刷されたカラーシミュレーションと異なり、ご自宅で家族そろって色決めが可能です。

五番目:施工品質の確保

お客様が決定した塗装仕様、見積金額で責任施工できる業者を確保をするために、eペイント出店業者様にはいくつかのハードルを設けさせていただきました。

eペイントの見積について、より詳しくはこちら

これからの住宅塗り替えは、「あい見積や相場」が最善ではない!

あいまいな外壁塗装・屋根塗装の見積額を理論的なものにしました。

判断基準があいまいな中で『あい見積』をすると、ほとんどの人が上下を避け中を取るという選択をします。これは人間の心理として「安心」、「責任逃れ」が表れた結果で、最善の選択ではないはずです。 また、談合の温床にもなりかねません。
『eペイント』は、曖昧な家の塗り替え費用をオンライン見積(クラウドシステム)で理論的に算出し、お客様と業者の見積基準とします。お客様は、ご自分で決めた塗装仕様と見積額でeペイント業者と交渉し、契約できます。 eペイント業者は一定基準を満たした「信頼できる」業者です。

私どもはインターネットで『全国のバーチャル塗装店eペイント(仮想塗装店)』を運用するにあたり、出店業者の『質の確保』と『あい見積や相場に頼らない適正価格』をお客様自身が決める仕組みが必要と考えました。
出店に関する情報は別サイト(http://www.epaint.co.jp)を参照ください。

相見積サイトや訪販との違い

両者とも連絡先の電話番号を調べると『0120』で始まるところがほとんどで、施工会社との直接接触ができない仕組みです。 eペイントはお客様と施工会社の間に入ってコミッションを取る仕組みではありません。塗装工事は地域ビジネスで、家の保守に欠かせない小工事(木部や鉄部の補修塗)が重要と考えます。

匿名オンラインで提供されるeペイントの塗装工事見積書と原価明細

”家の外壁や屋根の塗り替え”を計画されているお客様が、『見積金額』について高いのか安いのか、また『塗装仕様』 はどれを選べばっ良いのか? よく分らないと伺います。
eペイントでは塗装業者(出店各社)が提案する外壁塗装仕様10種、屋根塗装仕様10種の中からお客様にとって最適な組み合わせを選ぶことができ、その原価明細を入手することができます。お客様が塗装工事の原価明細を知ることで、お客様とeペイント塗装業者 が対等に交渉できるようになりました。

予算原価方式と複合単価方式の見積明細書

塗装価格については、欧米の 『予算原価方式』と日本の『複合単価方式』の2種類を提供します。
どちらの方式も一長一短あり、消費者の『知る権利』と言う点では予算原価を明らかにした予算原価方式が優れているが、消費者が予算内でどこまで工事ができるかと言う点では簡単に工事項目を削除できる複合単価方式が優れています。

予算原価方式:

原価要素(材料費、労務費、管理費、利益等)を別々に計上して、その要素ごとの金額(原価)を記した見積書。情報開示の進んでいる欧米で主に用いられている。
 (問題点:消費者が見積額の妥当性を判断できるが、予算内に収めるためには何を削ればよいか、一目で分からない)

予算原価方式 見積明細書

複合単価方式:

単位数量当たりの原価要素をひとまとめにした塗装単価に施工数量(面積,長さ,数)を掛け合わせた見積書。
日本の建築・建設業界ではこの方式を用いているところが多い。
 (問題点:消費者には原価が分からず、見積額の妥当性を判断できない。)

■ 見積内訳書(直接工事費) ■
名 称仕 様数量/単位単 価金 額
仮 設 工 事    
枠組足場飛散防止ネット・足場仮設・運搬費242㎡800193,600
※小 計※   193,600
塗 装 工 事    
高圧洗浄(外壁)高圧洗浄(150kg)123㎡18622,878
高圧洗浄(屋根)高圧洗浄(150kg)95㎡18617,670
外 壁7~9年仕様(水性ウレタン仕上げ)123㎡1,272156,456
屋 根カラーベスト用ウレタン95㎡1,228116,660
軒 裏(揚 裏)ウレタン樹脂仕上げ23㎡1,05724,311
破風板・鼻 隠ウレタン樹脂仕上げ44㎡31513,860
霧除けウレタン樹脂仕上げ10㎡1,05710,570
※小 計※   362,405
     
小計(直接工事費)   556,005
現場管理費(10%)   55,600
一般管理費(20%)   122,321
     
お見積金額       733,926 

塗装仕様書(施工箇所ごとの塗装工程と使用材料

eペイントでは見積書と同時に、塗装工程(商品/使用量/希釈率・・)を記した塗装仕様書を提供します。

■ 塗装仕様書 ■

[仕様] eペイント標準塗装仕様

工程名商品名メーカー塗布量回数希釈剤(%)作業間隔希釈剤
フィーラー塗外壁用下地調整剤 1.00/㎡158
下塗ローラー水性ウレタン・トップコート 0.13/㎡182 
上塗ローラー水性ウレタン・トップコート 0.13/㎡182 

[塗料材料] 但し、作業面積 = 102 材料付加率 = 0%

品名荷姿価格単価使用量使用数材料費
水性ウレタン・トップコート16K 缶16,70013632.0㎏233,380
外壁用下地調整剤16K 缶4,300269123.0㎏7.6933,057

[部位] 

部 位数量・単位部 位数量・単位
外 壁123㎡  

塗装材料一覧(材料名,荷姿,価格,使用缶数)

eペイントでは見積書と同時に、使用する塗装商品の必要数量/金額を明確にした材料一覧を提供します。

■ 塗装 材料一覧 ■

[塗装材料]

メーカー材料名荷姿価格使用量缶数金額
 水性ウレタントップコート16K 缶16,70031.980 ㎏233,380
 ウレタン樹脂塗材4K セット6,30010.032 Kセット2.5115,801
 外壁用下地調整剤16K 缶4,300123.000 ㎏7.6933,057
 水性屋根用シリコン15K 缶19,00028.500 ㎏1.936,101
 水性屋根用シリコンシーラー15K 缶15,00014.250 ㎏0.9514,251
 1L 缶06.150 ㎏6.150
 ウレタンシンナー16L 缶7,5002.006 ㎏0.161,176
 ※合計※    133,766
 ※缶数切上時の合計※    147,200
塗装業者検索 eペイントは塗装のなぜ?にお応えします。 サイトマップ サイト・トップページ