外壁塗装・屋根塗装は
地元の住宅塗装専門店へ

eペイントは、よくある塗装業者紹介サイトではありません!サイト運営会社や塗装業者とやり取りせずに、
ご自分で業者を選び、塗装仕様、工事費を決めてダイレクトに業者に発注できる『ネット塗装店』です。

"なぜ?"にお応えします。

なぜ?優良塗装業者を紹介できるのか。

なぜ?優良塗装業者を紹介できるのか。

優良な塗装店をどこよりも、誰よりも把握しているのが塗料店です。

・・・続きを読む

なぜ?優良塗装業者を紹介できるのか。

<理由>

eペイントは塗装工事をする”塗装店”と、その材料を販売する”塗料店”がタッグを組んだ仕組みです。
塗料店の主取引先は塗料メーカーと塗装店です。
塗料店の規模にもよりますが、数十社から数百社の塗装店と取引をしています。
主な営業活動は塗装機器や塗料を塗装業者へ販売する業務ですが、定期的に塗料メーカーや塗装機器メーカと共同で塗装業者向けに講習会を開催し、新製品の紹介や実演を通して住宅塗装の最新材料や機器の紹介をしています。
また、地域のお客様には外壁塗装のご相談窓口として活動をしております。 その中で、お客様のご依頼で優良な塗装業者を数多くご紹介してきた実績があります.

なぜ?塗料店と塗装店のコラボなのか。

なぜ?塗料店と塗装店のコラボなのか。

利害が一致した塗装店と塗料店がタッグを組むのが消費者にとってベストです。

・・・続きを読む

なぜ?塗料店と塗装店のコラボなのか。

<理由>

塗装店と塗料店は共生関係にあり、利害得失が一致します。 塗装店の仕事が減ると塗料店の売上も減ります。
また、外壁塗装クレームなどのトラブルでは塗装店だけでは解決できない場合が多くあります。 このような場合には塗料店とメーカーが加わった3者で対応を取ります。
利害が一致した塗装店と塗料店がタッグを組むのが消費者にとってベストと考えました。

また、一般的に塗装店を自宅で開業されている方が多く、お客様にとっては塗装店がどこにあるのか分らず電話営業、訪問営業、チラシ等の勧誘で塗装工事を契約してしまう方が多く、トラブルの原因にもなっております。 塗料販売店は店舗を構え人目に付きやすい場所にあります。

なぜ?eペイントは見積もりをするのか。

なぜ?eペイントは見積もりをするのか。

IT社会は、塗装原価を事前に知ることから始まります。

・・・続きを読む

なぜ?eペイントは見積もりをするのか。

<理由>

IT社会は、塗装原価を事前に知ることから始まります!

相見積もりサイトでは安く見積もった業者は不安だし、高く見積もった業者は敬遠するのが人間の心理として一般的なのは理解できますが、果たしてこの方法がベストなのでしょうか?・・
 また、ネット上の相見積もりサイトは工事金額の15%前後のコミッションと相見積の参加費用(1万円前後)を塗装業者からとっているのをご存知でしょうか?・・
eペイントは今まで曖昧な塗装工事の理論原価(直材+直労)を算出する仕組みを消費者へ提供し、塗装業者に代わって、お客様が適正な塗装費を決められるようにしました。

消費者は家の塗替え相場や相見積もりに頼らずに、eペイントのクラウド見積システムを利用して事前に匿名で取寄せた情報を基に、塗装業者と対等に交渉できるようになります。

⦅匿名オンラインで、事前に入手できる資料⦆

  • 見積書 (原価積算書+管理費)
  • 塗装仕様書( 塗装工程、使用材料、乾燥時間・・・)
  • 材料明細 (商品名、価格、使用量)
  • 工賃 (日当、工数)
  • 管理費(現場管理費、一般管理費)

なぜ?カラーシミュレーションなのか。

なぜ?カラーシミュレーションなのか。

人によって色に対する感性が異なることです。家族で色彩イメージを共有できる道具が必要です。

・・・続きを読む

なぜ?カラーシミュレーションなのか。

<理由>

住宅の塗替えはご自宅のイメージを色彩で一新できる機会でもあります。 但し、どんな色を塗ってもよいというわけではありません。 地域の住環境に合わせながら個人の主張を色で表現することは難しいことです。 
また、家族で色彩イメージを共有できる道具が無いと、たとえ親子や夫婦であっても色に対する感性が異なり意見がまとまらないものです。
eペイントは住宅色彩支援ツールとして、オンラインでご利用できるカラーシミュレーターを用意しました。
ご自宅の写真を使ったカラーシミュレーションはeペイント各社のホームページ(店舗)内でご利用いただけます。

なぜ?eペイントは安全、安心なのか。

なぜ?eペイントは安全、安心なのか。

地元の塗料店だけが長い取引を通じて優良な塗装店を紹介できます。

・・・続きを読む

なぜ?eペイントは安全、安心なのか。

<理由>

【1】塗装トラブルの対応

塗料・塗装のクレーム対応は施工店だけではできません。
塗料という商材は未完成品で提供され、塗装施工仕様書に従って決められた手順で塗られ、乾燥して初めて完成品となります。

塗装クレームの原因は

  1. 環境にあった塗装仕様か?
  2. 施工に問題があったか?
  3. 塗料の品質に問題があったか?

など、複雑に絡み合って生じます。
従って、トラブル対応は施工店、塗料店、塗料メーカの三者で行います。

【2】地域に合った最善の塗装仕様と施工技術

日本のように南北に緯度の長い国では、先ず、地域に合った塗装仕様を選択することが重要です。次に、選んだ塗装仕様を施工仕様書通りに施工するための知識が必要です。
この二点について、塗料店は講習会を通じて塗装業者へ情報提供しています。

【3】地元の優良塗装業者を紹介できる

地元の塗料店だけが長い取引を通じて優良な塗装店を紹介できます。

なぜ?eペイントが誕生したのか。

なぜ?eペイントが誕生したのか。

eペイントは言葉でなくシステムでお客様第一主義を実現しました。

・・・続きを読む

なぜ?eペイントが誕生したのか。

<誕生の背景>

住宅の新築やリフォームなどの多くの職種が係る工事は工務店や住宅メーカーと契約をしますが、住宅塗替えは一つの職種(塗装店)が受注するのが最も合理的で費用も安いはずです。
しかしながら、現実は営業力の弱い塗装店(職人)を下請けに使い、高いコミッションを取り、トラブルは下請けに押し付けている営業主体の会社が暗躍し、ネット上でも同じような構図が生まれています。 ここ数年、塗装店の紹介サイトが増えてきましたが、どのサイトも塗装店と直接交渉できません。 つまり、必ずサイト運営会社がお客様と塗装店の間に入りコミッションを取る仕組みが組み込まれています。
▲ 問い合わせ先が0120(所在地を特定できない)で始まる電話番号は要注意! ▲

eペイントは地元の塗装業者を紹介するとともに、地元の塗料販売店と塗装業者が地域に合った『塗装仕様』と『適正価格』をオンラインで提供し、徹底した情報開示(塗装仕様明細、材料一覧、原価明細など・・・・)と塗替え市場の地産地消で地域社会へ貢献します。 この仕組みが経済産業省の『中小企業経営革新支援法の認定』を受けることにつながりました。

住宅塗り替え"にお応えします。

why? sitemap pagetop

↑ PAGE TOP